会社案内

  1. ホーム
  2. 会社案内-沿革

環境も品質

遠くに『霊峰富士』を仰ぐ、水清く豊かな『青梅市』に位置するティアック マニュファクチャリング ソリューションズは、そこに働く全社員の安全と自然の営みを尊重した事業活動を推進するために鉛フリー時代の対応など、全員参加により、環境保全に努め、地域への調和と社会への貢献をめざします。

1982年 8月 会社設立。本社を東京都武蔵村山市に置く。
1982年 9月 自動挿入機の運営権を譲り受け、同操業を埼玉県入間市(豊岡工場)で開始。
1983年 1月 瑞穂工場を新設し、FDD用プリント基板アッセンブリーの生産を開始。
1983年11月 本社を東京都西多摩郡瑞穂町に移転。
1984年10月 東村山工場を新設し、コンピュータ用多層基板アッセンブリーの生産を開始。
1985年12月 豊岡工場を瑞穂工場に統合。
1986年10月 東村山工場を瑞穂工場に統合し、瑞穂工場を本社工場として操業を開始。
1988年 3月 表面実装機(1号機)を導入し、FDD用プリント基板アッセンブリー開始。
1989年 1月 第2工場を竣工。
1999年 8月 品質管理国際規格『ISO-9002』認証取得。
2000年 9月 環境管理国際規格『ISO-14001』認証取得。
2002年 4月 株式会社タスク/株式会社セレパス合併。本社を東京都青梅市に移転。
2009年10月 株式会社セレパスと富士吉田ティアック株式会社合併。

旧富士吉田ティアック株式会社の沿革

1984年 1月 ティアック(株)の100%出資子会社として資本金5,000万円にて富士吉田ティアック(株)創立
1984年 3月 フロッピーディスク用磁気ヘッド及び、デジタルカセットストリーマー用磁気ヘッドの生産開始
1991年 3月 第2工場を竣工(2階建、延床面積 2,655 m2
1992年 6月 データーレコーダー用磁気ヘッドの生産開始
2000年10月 品質管理国際規格『ISO-9001』認証取得
2001年 1月 磁気センサーの開発・生産開始
2003年11月 品質管理国際規格『ISO-9001』(2000年度版)認証取得
2004年 6月 光学多層膜蒸着装置の導入
2004年10月 車椅子用電動ブレーキの販売開始
2007年 6月 ティアック(株)より、計測機器事業の一部(ロ-ドセル)を移管・生産開始